結婚式

【結婚式場探し】ハナユメ割のデメリット3つとは?使い方や適用条件も解説!|損しない結婚式場の見つけ方

※当ページのリンクには広告が含まれます。

結婚式が安く挙げられるらしいハナユメ割って何?
本当に安くなるの?損したりしない?

本記事では、ハナユメ割のデメリットについて詳しく解説し、損しない結婚式場の見つけ方をご紹介します。

現在ハナユメでは最大6万円の電子マネーをGETできるキャンペーンを実施中です。
結婚式場を探している人はぜひチェックしてみてくださいね!

\式場見学だけで電子マネーがもらえる


ブライダルフェア参加・相談デスク来店など条件クリアで絶対もらえる!
電子マネーギフトのプレゼントキャンペーンを実施中
キャンペーン詳細

ハナユメ割のデメリット|そもそもハナユメとは?

Hanayume(ハナユメ)とは、オンラインで結婚式場の検索や予約ができるサービスです。

結婚式場、ゲストハウスなどの会場を条件から検索でき、プランナーへの相談、体験会の手配、挙式の予約までをワンストップで提供しています。

ハナユメ割のデメリット|結婚式のハナユメ割とは?

ハナユメ割とは?

ハナユメ割とは、Hanayume(ハナユメ)が提供する結婚式費用の割引サービスのことです。

結婚式の日取りを半年以内にすることで、同じ挙式内容・披露宴内容でも結婚式場によっては100万円以上おトクになることも*ある限定割引が特徴です。

※一部半年以内でなくてもハナユメ割が適用される会場もあります。
※式場・日時・人数によっては、割引額が100万円より下回る場合もあります。

ハナユメ割はどれくらい安くなるの?

ハナユメ割 割引額に関するアンケート結果
引用元:ハナユメ公式サイト

上記のグラフは、実際にハナユメ割を利用した人の割引額に関するアンケート結果です。

アンケートによると、70%の人が50万円以上お得になったと答えています。結婚式の内容・クオリティは同じにも関わらず、100万円以上安くなった人も全体の19%もいて、かなりお得なことが分かります。

より多く割引を受けるにはどうしたらいいの?
結婚式を安くするには、日取りが重要!

半年以内の挙式や日曜日の夜など、式場にとって埋めにくい日程になればなるほど割引額が大きくなります

ハナユメ割はなぜ安くなる?

半年以内の結婚式だと安くなる理由は、ホテル予約の直前割引と同じ仕組みです。

結婚式場は、平日はもちろん土日でも空きが発生することも多く、半年前になっても予約が埋まらない、ということも少なくありません。

急遽キャンセルになった日取りや人気のない日取りは、なかなか埋まらないため結婚式場としてもなんとかして予約を入れたいところ。

そこで、この空き日で契約してくれたカップルには値引きやプレゼントなどをつけるのですが、これがまさにハナユメ割です。

式場としても、空きを出すくらいなら大幅な割引をしてでも埋めたいところなんだね
同じ内容の式でも、日取りが違うだけで値段は全然違う!

ハナユメ割のデメリット3つ

デメリット①式場の数が少ない

ハナユメで紹介している式場数は、全国展開しているゼクシィなどの大手仲介業者と比べると少なく、対応しているエリアにも限りがあります。

ただ、ハナユメの強みは大手にはない結婚式自体の大幅な割引です。

まずは、Hanayume公式サイトでエリア検索し、希望の結婚式場があるか確認してみましょう。

人気結婚式場ランキングはこちら

デメリット②準備期間が短くなる

ハナユメ割では、結婚式の日取りを半年以内にすることで大幅な割引が受けられますが、その分準備期間が短くなります。結婚式の準備に十分な時間をかけたい方にとっては、プレッシャーになることもあります。

結婚式の準備は半年で間に合うの?

ハナユメの調査によると、結婚式準備の期間は「半年程度」のカップルと「1年程度」のカップルが多いようです。
ただ、準備期間の長さに関わらず、式場との打ち合わせをスタートするのは挙式3~4ヶ月前から。

また親族のみなど少人数結婚式なら、3ヶ月より準備期間が短くて済むこともありますよ。

棒グラフ 結婚式場探しは結婚式の何か月前からスタートしましたか?
(※出典:ハナユメWebアンケート(2018年6月)調査数:158名)
引用元:ハナユメ公式サイト

デメリット③人気の日取りはすでに埋まっている可能性が高い

秋や春といった人気のシーズン、大安吉日や友引の土曜日午後など、人気の日取りは1年以上前に予約が埋まってしまう可能性があります。

そのため、直近の式場予約で割引を受けられるハナユメ割だと人気の日取りは予約しづらいでしょう。

ただ、その分通常の仲介業者にはない大幅な割引を受けられるので、日取りにこだわりがなければハナユメ割のメリットは大きい

ハナユメ割のデメリット|使い方は?

ハナユメ割の使い方

ハナユメ割は以下の手順で利用できます。

  1. HanayumeのWEBサイト又は相談デスクでブライダルフェアなどの式場見学を予約する
  2. 式場見学やブライダルフェア参加時に見積書をもらうので、その際に「ハナユメ割を見た」と申し出る

近くにハナユメの店舗がない場合は、ハナユメオンライン相談も利用できます。

電子マネーがもらえるキャンペーンを実施中

現在ハナユメでは電子マネーがもらえるキャンペーンを実施中
式場見学するだけで成約しなくても電子マネーはもらえるよ

\式場見学だけでも電子マネーもらえる/


ブライダルフェア参加・相談デスク来店など条件クリアで絶対もらえる!
電子マネーギフトのプレゼントキャンペーンを実施中
キャンペーン詳細

ハナユメの式場見学キャンペーン詳細

最大60,000円分電子マネーギフトプレゼントHanayume(ハナユメ)では、結婚式場の見学や予約をしたカップルに電子マネーをプレゼントするキャンペーンを定期的に実施しています。


※ハナユメ公式サイトより引用

2024年5月時点では、ハナユメキャンペーンにエントリーしたのち

  • ハナユメの相談カウンターへの来店で5,000円
  • さらに、式場見学で+20,000円
  • 2つ目の式場を見学をすると、さらに+20,000円

少なくとも5,000円、最大60,000円の電子マネーをもらうことができます!

>>キャンペーン詳細はこちらから

※ハナユメから式場見学予約をして、見学後にマイページでアンケート回答必須
※オンライン式場見学は対象外です

キャンペーン内容は、時期によって変わるので最新情報はキャンペーンページよりご確認ください。

ハナユメ割のデメリット|口コミを調査

挙式費用が100万円安くなった

相談カウンターに関する口コミ

ゼクシィと比べて式場は少ないが割引額が大きい

まとめ|ハナユメ割のデメリットは3つ

本記事では、ハナユメ割のデメリットと利用方法について解説しました。

内容は以下のとおり。

ハナユメ割のデメリット
  1. 式場の数が少ない
  2. 準備期間が短くなる
  3. 人気の日取りは埋まっている

ハナユメ割の使い方

ハナユメの公式サイトもしくは相談デスク経由で式場見学&成約すると適用される

Hanayume公式サイト
無料相談デスク 直リンク

結婚式場の見学や相談は無料なので、自分の希望条件に合う式場があるかどうか、まずは公式サイトでチェックしてみましょう。

ハナユメのデメリットを理解しながら、賢くサービスを利用して理想の結婚式場を見つけてくださいね!

現在Hanayumeでは最大6万円の電子マネーをGETできるキャンペーンを実施中です。
結婚式場を探している人はぜひチェックしてみてくださいね!

\式場見学だけで電子マネーがもらえる


ブライダルフェア参加・相談デスク来店など条件クリアで絶対もらえる!
電子マネーギフトのプレゼントキャンペーンを実施中
キャンペーン詳細

ハナユメの電子マネーの受け取り方|受け取る際の注意点も解説ハナユメでは、結婚式場の見学会に参加すると電子マネーがもらえるキャンペーンを実施中です。当記事では、キャンペーンへのエントリー方法・電子マネーの受け取り方・注意点を徹底解説しました。ハナユメのキャンペーンを活用すれば、最大6万円の電子マネーをGETできるので結婚式場を探している人はぜひ参考にしてみてくださいね!...